未熟者の思考(仮)

はてなブログですが、語彙力や知識などがない方の人間なのでご容赦ください。

夏の部活の思い出①

今日初めて今の部活に入れてよかったと思えた。

 

私は演劇部で、今の後輩よりも遅く入部した一番下っ端。

そんな状況プラス人見知りが祟って、部内では隅っこに座って皆を眺めてた。

 

でも、顧問の先生のポリシーは「部員全員が役者をする」なので、

下っ端とか関係なしに役を与えられる。

まあ、役により目立つ目立たないはあるが、それでも出番があるっていうのは嬉しい。

自分の存在価値を肯定されてるかのようで嬉しい。最初はそう思ってた。

 

時が経つにつれ、その気持ちは徐々に薄くなっていった。

下っ端だから何をすればいいかわからず、きょどっているから周りに敬遠される。

そんな感じで自己嫌悪に陥っていた。

 

精神状態はなかなか悪く、部活にも行きたくなかった。

しかし、地区大会を控えているので練習はほぼ毎日一日中。

部活を休んだことにより、変な顔されるようになっても困る。

だから、私はなけなしのパワーを振り絞って毎日頑張った。

地区大会が終わったら、部活はお休みになるので「それまでの辛抱…!」と言い聞かせながら。

 

 

だが現実は辛辣だった。

 

 

 

なんと私たちの学校は県大会に進むことになった。

 

 

 

ショックで涙がポロリとこぼれた。

私の周りはうれし泣き。

 

 

 

 

 

つづく