読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未熟者の思考(仮)

はてなブログですが、語彙力や知恵などがない方の人間なのでご容赦ください。

夏の部活の思い出②

日常

県大会に進んだとき、私は泣いた。
モチロン、さらば夏休み…という意味で。



だが、県大会までの部活はそこまでキツくなく、救われた。
でも、何故かイライラしてた。原因がわからないからどうしようもなかったけど、多分後輩に嫌な子がいたことがストレスになってたのかな〜と。

まあ、嫌な後輩の話はここではしないでおきます…笑




そんなこんなで、県大会の日まで頑張ってきて、昨日ようやく県大会が終わりました。というよりも、自分らの出番が終わりました。



今まで演劇は先生に勧められたからやってる、と思っていたのですが、昨日の県大会を終えた後、「演劇部に入って良かったなあ…」とホントに、心から思いました。





大変だったけど、やり甲斐はあった。

演技することが楽しかった。






こんな風に思うなんて、自分が自分でないみたいだけど、本当にそう思えた。



あと少しだけど、楽しめたらいいな。なんてネ。
ホントに自分らしくないポジティヴな言葉。




でも、感謝してます。
ホントにありがとう、演劇部。