未熟者の思考(仮)

はてなブログですが、語彙力や知識などがない方の人間なのでご容赦ください。

コミュニケーションでまた失敗した。

コミュ力の欠如。

相手の発言の意図を時間をかけないと読めない。

だから瞬時に変なことを言ってしまって、あとで思い返して後悔する。

そしてコミュニケーションに嫌気がさす。

 

 

今日もそんなことがあった。

私は本当におとぼけまぬけだなあ。

死んでしまいたいって思うけど、そんなことで死にたくない。結局生きたい。死にたいというか楽になりたいだけ。

 

反復して同じことをぐるぐる考えてしまうという私の癖で、思い出すたびに脳内が「うわああ」ってなる。

今も何回もなりそうだからブログを書くことに全意識を集中させて思い出させないようにしてる。

 

 

深い思考が瞬時にできない。

馬鹿。

糞。

罵っても何も変わらないのに、罵る言葉を必死に思い出さないと、恥ずかしいあの失敗を思い出すから、思ってもないことをどんどん言ってしまう。

おとぼけまぬけです。マジで。

誰か共感してくれないかな。

 

こういうのどうしたらいいんだろう。

本当、肝心なときには脳みそ動かないくせに、しょうもないことだけ動くよなあ。

そのしょうもなさを瞬時に引き出して、恥を避けれたらいいのに。

 

 

 

 

私は私だからこの恥じらいとは一生別れることができず、多くの人を「こいつ間抜けなやつだな」と思わせながら生きるんだなあ。

受け入れないといけないことだけど、20年ちょい生きても克服できないよ。

 

 

 

 

 

 

本日の会話を失敗してしまった相手が相手で、イケイケの脳みそフル回転マン…頭弱い人を「おい!とぼけるな!賢い人と会話がしたい!」って言う系の人だから、余計にしんどかった。

 

 

 

 

 

 

生物学的に「頭の回転が遅いのは、神経が伝達する経路の距離が違うから」と本で読んだことがある。

本当にそうなら、私の頭のゆるさは一生治らない。

だが、逆に言えば遺伝子のせいにしてしまえば、自分を責める必要がない。

 

 

 

もっとこの生物学的事実が世に浸透して、頭の回転が遅い人も生きやすい世界になればいいのに。

 

 

 

 

▼ソース

 

内向型を強みにする (フェニックスシリーズ)

内向型を強みにする (フェニックスシリーズ)

 

 

 

 

 

 

 

失敗した帰り道、駅から家までの道を無意味に走って帰ったら、若干スッキリした。